ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

フィットハイブリッド

 ハイブリッドにして何がいいのかというと、車重が重くなって資源を無駄遣いするとか、積載容量がバッテリーのために削られるとか、値段が高くなってたくさんお金を払えるとかいっぱいあるのだけど、それでも電気自動車よりはマシな使い方ができることが一番だ。今の電気自動車は原子力電力活用自動車であるので、未来のクルマかもしれないけれど、好感は持てないし使ってはいけない代表的な移動手段だろう。
 その点ハイブリッドは違う。内燃機関で充電するのだから、ガソリンエンジンにパワーアップ装置を付加したものなのだ。ある意味モーターチャージャーだと考えれば、小排気量にアシストする形の使い方が望ましい。
 そういう意味でフィットハイブリッドが1.3LのIMAで出てきたことには意味がある。ベース車両の30万高でコストがどうのこうの(燃料節約でペイするかどうかなどというのは仕事グルマの話だ)というお馬鹿さんは、スーパーカブに幌でもかけて移動していただけばいいわけで、ボルトオンターボに30万かかりましたと考えるのが正しいと思う。せっかく159万円からの設定があるのだけど、VSAとカーテンエアバッグをつけようと思うと、210万のプレミアムナビ仕様しかなくなる。もちろんいくらお金を積んでも後部中央座席は2点シートベルトのままだ。210万ならば、130万のベース車両と比べてもう少し高級感のある品質を要望したいものだと思う。ベースの車両に比べてネジ一本からプレミアムパーツを使いましたとでも言うのだろうか。
 ともあれこの1台でプリウスを迎撃し、インサイトを撃墜(これは自社品だけど、チープに作りすぎたよね。シビックハッチバックにすればよかったのに)するだろうとは思う。それだけの価値のあるクルマだ。
[PR]
by kkusube | 2010-10-11 10:05 | クルマ