ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

コンパクトカーは3気筒エンジン?

 クルマ雑誌を斜め読みしていると、新世代のエンジンが特集されていた。
 ECOな時代に相応しく大排気量エンジンではなく、コンパクトカーにダウンサイジングエンジンという話である。先手を打っているVWはEA211型で3気筒と4気筒を用意しているらしい。0.9Lをベーシックバージョンに、1.2Lはポロあたりから採用するのだろうか。現行の1.2Lが4気筒なので、次世代は3気筒となるのだろう。
 プジョーやルノーといったフランス勢も0.9Lの3気筒を用意している。1.2Lはルノーは4気筒(これはK4M代替エンジンだそうだ。デュアルクラッチのセミオートマも用意されるようなので、カングーに載ったら日本国内では面白そうだ)、プジョーは3気筒。0.9Lはターボ仕様でルーテシアに載ってくるらしい。まさに1.2Lクラスのダウンサイジングである。フィアットが先鞭をつけて500に2気筒エンジンツインエアを載せてきているが、その流れが主流となってきそうな勢いである。
 日本勢では、日産が1.2Lを3気筒で1.5Lを代替する予定のようである。三菱も新しい3気筒エンジンを用意している。
 一般に3気筒エンジンは振動面で不利であると言われている。いままではマイナーな存在ではあったけれど、日本の軽自動車の世界では3気筒が定番となっているので、技術面では十分にこなれた存在であるといえる。
 現行のガソリンエンジンの熱効率は良くて20%といわれている。これを最終目標としての40%にどれだけ近づけるか。新世代エンジンは圧縮比も高めで、高効率な最新技術を惜しみなく投入したエンジンとなる。3気筒エンジンの時代がくるのかどうか、楽しみに待ちたいところだ。
[PR]
by kkusube | 2012-07-28 22:28 | クルマ