ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

CX-3の不思議

 横からの写真では分からないけど、前オーバーハング920mm程度、後オーバーハング780mm程度。これってベースと言われるデミオからそれぞれ100mm延長されている。920mmのオーバーハングってアクセラそのもの。2Lのガソリンエンジン載っけたり、ディーゼルエンジンを防音して載せるのに必要なスペースなのだろう。前のモジュールはデミオじゃなくてアクセラじゃないか。
 後オーバーハングが100mm延びているということは、荷室は330L程度か。これは少し前のゴルフと同等のサイズだろう。バックドアがかなり高い位置からしか開かないのだけど、これも荷室の下部に何か隠しスペースがあるのだろうか。タイヤを積んでいるわけでもなさそうだし、ここも不思議だ。
 室内スペースは、発表されている資料だとデミオそのまんまなのだけど、ホイールベースが同じなので室内長は同程度として、高さと幅はそれぞれ30mmと80mm増えていることになる。その部分が何に消えているのか気になる。30mm分空間があるだけなのだろうか。後部座席は足元の狭さはデミオと同じようだけど、頭上部分はやや広い様子である。少なくとも大きめの男が座っても天井に頭が付いているわけではない。
 デミオの四面図に図面として上書きしてみると、デミオよりずい分と大きなボディであるのだ。このサイズ感は、マツダのホームページでラインナップを並べて表示している画面でもなんとなく掴むことができる。しかしながら、内装を見るとまんまデミオのパーツを使っているように見える。幅が片側で40mm広がっても同じパーツで間に合うのだろうか。
 写真は図面とは違って真ん中部分と端の部分ではサイズが均等ではない。見た目は写真に反映できるだろうが、正しいサイズが反映できるわけではない。
 そのあたり実車が出てこないとなんともいえないのだけど、デミオベースでというポロに対するクロスポロではなく、デミオのパーツも使っているけど、アクセラのモジュールも使っているのではないかという疑問がある。
 価格も高め勝負だそうだが、はたして狙っているのはヴェゼルのみなのかな?
a0042660_18352379.jpg

[PR]
by kkusube | 2014-11-23 18:24 | クルマ