ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

アクセラ1.5S試乗

 ディーラーでの展示会に出かけてみると1.5Sの試乗ができるという。市内の雪道なのでゆっくりと走るだけであるが、それなりのクルマの印象は分かった。
 シートポジションがしっかり合っていたわけではないけれど、ボクの視線からはボンネットが見える。最近はボンネットの見えないクルマも多い中では、昔ながらのロングノーズなんだろう。実際にステアリングを握ってみても違和感なく走れる。印象は1.4Lノーマルエンジンを積んでいたポロと似た感じ。パワー感はないが、市内を走る分には十分である。バックミラーごしに見える後方視界はスポーツ車のようで狭くて、これは慣れが必要だろう。ロードノイズが気になったけれど、これは履いているタイヤによっても違うだろうからなんともいえない。メーター類は白発光で、ステアリングが小さくて視界を邪魔してしまう印象もあるが、こちらもいまの流れの中のデザインなんだろう。デザインが優先されて使い勝手が悪くなるのは考えものだとは思う。車幅があるので狭苦しい印象はないが、タイトではある。このタイトというのはここ数年のスタイリングの流れなのでしょうがないのだろう。
 307に乗り換えて、その開放感に相当のギャップを感じた。しかもパワーがないと思っていた307が以外にスムーズに走るのを再確認。
 悪くないクルマであることは確認できたので、及第点の試乗ではあった。
[PR]
by kkusube | 2015-01-18 15:47 | クルマ