ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

ジウジアーロのゴルフ

 かつて徳大寺有恒というクルマ評論家がいた。杉江という本名でトヨタワークスドライバーとして活躍し、その後いろいろな仕事についた後に『間違いだらけのクルマ選び』という本を出しクルマ評論家となった。提灯記事だらけだったクルマ情報の中では画期的な内容でベストセラーとなり、大学生だった私もその内容には大いに啓発された。貧しい生活をしていた時に、奥様の貯金で買ってもらったという初代フォルクスワーゲンゴルフに感銘を受けて『間違いだらけのクルマ選び』を書いたという逸話は、いまだに私の記憶にも残っている。
ジウジアーロの端正で合理的なデザインの初代ゴルフは、その後の初代パンダと並んで、イタリア人らしからぬ色気のないクルマであったが、ビートルの遺産に苦しんでいたフォルクスワーゲンを救ったクルマでもあった。合理性の固まりという意味ではイシゴニスの初代ミニには及ばないにしても、ジウジアーロのデザインは強烈に惹かれるものがあった。多くのカーデザイナーの中で、ジウジアーロは直線の魔術士でもあった。現代のCADでの曲線を多用したデザインとは一線を欠くものがっあったと感じる。
a0042660_20515995.jpg

[PR]
by kkusube | 2015-11-07 20:52 | クルマ