ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

少し走ってみた感想

福野礼一郎は絶賛してた1.2Lのゴルフであるが、はたしてどうなのか。素人が少し乗ったぐらいではなんとも分からない。フツーのクルマでフツーに走る。ブレーキのしつけも以前試乗したクルマとは違い扱いやすいセッティングになっている。電動アシストにしては重めのステアリングで、まるで油圧かなと勘違いしそうである。トレーディングアームのサスペンションであるが、後輪も滑らかについてくるような印象がある。アイドリングストップは始動の度にアクセルペダルにくるので、トヨタのようにスムーズではないし、止まってしまうとステアリングも効かない。全体が馴染んでくるまでは時間がかかりそうである。はじめて使うACC(アクセルとブレーキが自動のオートクルーズ)機能も、何が飛び出してくるか分からない交通マナーの悪いこちらの一般道ではちょっと使いにくい。高速道路向きの装備なのかもしれない。
コンパクトになったはずなのに、意外に大きさを感じてしまうのは全幅が40mm程度広がったからか。1.2tのクルマを走らせているのに、もう少し重めのクルマを走らせているどっしり感があり、軽快な動きではないようにも思う。
現行のゴルフは、5代目や6代目のようなコストをかけたクルマでなく、利益を生むためのコストダウンから生まれてきた。それはトヨタのクルマとも似たところがある。ただしコストダウンはしても、きっちりと作りこんであるあたりが少し違うのかもしれない。このあたりは今後距離を伸ばしてみないと分からないだろう。
真横から見ると4代目のような角ばったクルマなのだが、リアビューは意外に丸い。6代目と見分けるのはクルマをよく知った人でないと難しいのではないか。
a0042660_22302333.jpg

[PR]
by kkusube | 2015-11-30 22:30 | クルマ