ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

天気がいいのでテストドライブ

 県道80号を水間トンネル経由で山添ICから名阪国道に乗り、伊賀上野で昼食。帰りは木津川沿いにR163号を西進。山坂道と自動車専用道の組み合わせで日常のドライブシーンをほぼ再現できるコース設定である。
 県道81号の山坂道も通常のスピードで走る限りは路面の凸凹をゆるやかにこなし、ダンパーがザックスだからというわけではないだろうが乗り心地は悪くない。ステアリングも切った分だけ仕事をしてくれる感じである。
 ハーフスロットル以内ではおとなしい1.2Lの加速感。それ以上踏むとターボがしっかり効くので追い越し加速は1.8L程度かなと思う。これはそういう設定なのだろう。
 DCTでもエンブレが効くのか、という疑念があったのだけど、短い坂道ではほとんど効かないが、長い下り坂ではしっかりと3速にシフトダウンして3000回転ぐらいを保ちエンブレが効く。
 R163号ではACCを試してみた。少し慣れが必要とは感じたがアクセルとブレーキの自動コントロールは予想していたよりも優秀である。交通量の少ない田舎道では十分にアクセル操作を軽減できるし、前に先行車がいる状態では、渋滞のノロノロ運転にも応用できそうである。赤信号に対応できているわけではないので、あくまで補助的な手段ではあるが、半自動運転もここまできたのだなぁと感じた。ブレーキ操作に関しては自動車学校の教官席に乗っているような怖さがあるけれど、これも時間とともになれるのだろう。ただし積極的にアクセルを踏んだりブレーキを踏んだりという操作そのものを運転の醍醐味と捉えているむきには不要な装備である。
 便利な装備としてはウィンカーレバーをタッチするだけで3度点滅してくれること。車線変更になかなか実用的である。

 欠点は、交差点でアイドリングストップしてしまうと始動時間のタイムラグの分もたつく。対向車が切れた隙に発進というシーンではスムーズさに欠ける。もっともアイストしていなければスムーズに加速するので、このあたりはアイドリングストップの功罪だろう。
a0042660_1694859.jpg

[PR]
by kkusube | 2015-12-05 16:17 | クルマ