ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

まだまだ先の次のクルマ選び

 5代目のいまのクルマがようやく馴染んできた。2500キロを走ったあたりから、運転者の感覚がよさを感じられるようになったといってもいいのかもしれない。軽快ではなく重量級のゆったりとした感覚で、慌てず急がすのんびり長距離ドライブに最適なクルマだと思う。タイヤに関してはもう少し細くてトレンドラインに装着されているタイヤ(195-65-15)ぐらいが適正なのかなとも感じる。
 当面はこのクルマを乗り潰すつもりだが、その次のいわば最後のクルマ?を何にしようかという遊びをはじめている。
 今回のクルマ選びでも、もうワンサイズ小さなクルマにしようかどうか迷いがあり、実際にデミオは試乗して悪くない印象を持った。しかし後部座席もまだ使う頻度が高そうだという理由もあり、Cセグメントのクルマの中から価格条件と装備の面での条件が合致したクルマを選ぶことでゴルフに決まったのだ。

 Aセグメント・Bセグメントの国産車は、ヴィッツ・パッソ・アクア・ノート・マーチ・フィット・デミオ・スイフト・バレーノ・イグニス・ミラージュと11車種あり、輸入車はポロ・アップ・A1・スマート・208・ルーテシア・500・ミニと7車種。さらに国内独自の軽自動車がダイハツ・スズキ・三菱と雑多な車種が販売されている。
 軽を選ぶか、それとも普通車にするかはずい分と悩みどころかと思う。それほど日本の軽のラインナップは充実しているし便利でもある。
 輸入車は豪華だがやや割高。ヴィッツも軽のハスラーも車両本体価格は150万前後で、装備を合わせると乗り出し価格は200万近辺となってしまう。
 どれを選んでも大差ないとえばそのとおりのできかもしれないのだけど、そこかこれからの10年近くを楽しむアイテムとしてゆきたい。
[PR]
by kkusube | 2016-04-30 08:34 | クルマ