ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

友達って?

「友達みたいな関係にはなれなかったけど、今まで出会った中で一番の運命の人」とはNMB48の渡辺美優紀がグループ卒業の際に山本彩に言った言葉だが、『いきものがたり』の中で水野良樹が山下穂尊を評して「いきものがかりを結成してからは独特の距離感を保つようになった二人だが、この時期はまだ、お互いを友達と呼べる時期だった」と書いている部分となぜか重なるような気がする。
友達みたいな関係って何なんだろう・・・。
明石家さんまは誰に彼にも友達と呼んで、ホンマの友達は誰なんですか?と太平サブローに突っ込まれても、ホンマのもなんも友達は友達やと返していたけれど、言葉は便利なもので幅広い意味を含有するがゆえにコミュニケーションの役割を果たす。これがガチガチの意味しか持たなければもっと不便なものになるのだろう。
ずっといっしょにいることが友達と呼べる要素だとしたら、性格も行動の仕方も違う二人が友達になるということは難しいことだろう。たまさか同じ仕事同じ職場に配属されたら、友達ではないけれど近しい人にはなるだろうし、さんまのように友達と定義してしまってもいいのかもしれない。

最近は友達がいないことがアピール材料になってしまっているきらいもあるが、コミュニケーション不全と友達がいないこととは違うと思うし、あえて友達が多いことをアピールする必要もなくなってきたのではないかと思う。
所詮人は生まれてきてひとりで生きるしかないのだろうから。
[PR]
by kkusube | 2016-09-10 17:15