ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

クルマの変遷’80年代

 自動車アーカイブ’80s「80年代の日本車篇」を買ってきて、パラパラの眺めていると、実につまらないモデルチェンジが繰り返されていたり、意外に良い時代があったりで面白い。カタログ集なので走り心地とか乗り心地は伝わってこないが、カーデザインの変遷としてマクロ的に楽しめる。
 個人的にいいなと思ったのは、スプリンターシエロ、2代目ミラージュ5ドア、2代目ジェミニ3ドア。こうしてみてみるとどれもヨーロッパ系のハッチバックが好きという結果になった。初代パジェロ、初代ジムニーも簡素でいい味を出している。 
 もちろん個人的に乗り継いできたクルマたちのデザインは大好きなので、それ以外のクルマではという範囲での話である。

 個人的に乗り継いできたミラージュ5ドアは、全長3885全幅1585全高1350ホイールベース2380というサイズであり、コロナFF5ドアは、全長4330全幅1670全高1365ホイールベース2515というサイズで、今現在販売されているカローラやシビックよりも小さなクルマだった。
 道路などのインフラが大きくなっていないのに、クルマの主流となるサイズだけはかなり肥大化してしまったようだ。
[PR]
by kkusube | 2006-01-21 10:36 | クルマ