ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

新型ピカソ

 パリサロンでC4ピカソが発表され、シトロエンのホームページにも専用ページができている。前作のピカソよりも大型化し、3列シートとなった。
 シャーシは307SWのモノを使っている。真横からの写真を見るととても似ていることが分かる。C4自体が307とシャーシを共有しているのだから、ホイールベースを長くしたバージョンも共有する方が開発面でのメリットは大きいのだろう。それでも307SWを見慣れた目にも、C4ピカソは魅力的に映る。307SWと同じシャーシを使うということは室内もかなり広いことを意味する。ルーミーな307SWの進化形というわけだ。
 インテリアはシトロエンらしい斬新さがいっぱいで、保守的なプジョーのインテリアとは一線を画している。慣れるまではどうなっているのか分からない部分も多そうである。

 全体的なスタイリングはトヨタエスティマにも似ている。室内に入ればまったく違うクルマであることを意識せざる得ないだろう。室内の開放感が別物なのである。エスティマは車高を下げることで、よりスポーティなデザインとなったが、その分室内の広々感は薄れた。C4ピカソは307SWよりも100mmばかり車高を上げているので、いっそう室内の開放感が増していると思われる。
 日本導入が待たれるとても魅力的なクルマである。

a0042660_10501222.jpg



a0042660_10373293.jpga0042660_1038633.jpg
[PR]
by kkusube | 2006-11-12 10:52 | クルマ