ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

クロスロード

 ホンダからHR-Vのフルモデルチェンジというか、旧STEPWGNのイメージを受け継いだ新型車というか、こんなクルマ出したら売れそうジャン系のクロスロード(苦労するど)というクルマが発売された。どこかしらダチアのローガンワゴン(ルノーの低所得者向けのモデル)とかぶるような生産性に徹したデザイン。いかにもお金がなくっても買ってくださいねモード満載の、下流社会向けのクルマのようである。
 全長4.2mで3列シート。これが自慢なんだけど、ダイハツやスズキには全長4m以内の3列シート車があったような気がするので、とにかく法律上は乗車定員を7名とかにできますという程度だろう。価格も2Lクラスで200万程度とリーズナブル。このあたりもモロにローガンとかぶる。同じま四角なデザインでも、レンジローバーとは違うわけだ。数値上からの室内空間はよさそうである。同じような数値のクルマといえば、クサラピカソとかがあるけれどデザイン面での工夫が違う。ま四角なデザインで高級感を出すのはかなり難しいのだ。内装がよほど高級感を出せないと(この価格で売ろうとすると出せるわけがないかも)、エアウェイブで十分となってしまう。いやいや下流社会は子沢山だから3列シートが必要なのかも。
 マーケッティングの分析から生まれた不幸なクルマのひとつだろう。まず先にマーケッティングがあって、それにそって企画が生まれる。売れて儲かる筈だと。部品はできるだけ低コストのものを使おう。消費者は馬鹿だから飛びついて買うだろうと。こういうクルマを作りたいんだという強い熱意などないわけだ。最近のホンダ車は、ヨーロッパで売っているシビック5ドア以外にはホンダらしいかっこよさを感じられるクルマがなくなってしまったように思う。エリシオンもアルファードと見分けがつかないフロントグリルになってしまった。意地もプライドもないように感じられる。
 トヨタですら、日本では売れないといわれている5ドアハッチバックのオーリスとブレイドで月に6000台も売っているのだ(販売力の問題はあるだろうけど)。
 
[PR]
by kkusube | 2007-02-24 11:00 | クルマ