ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

308SW

 フランクフルトモーターショーに登場する308SWのプロトタイプモデルがプジョーのホームページに登場した。Prologueという名前が付いているのが、ほぼこのまま2008年には発売になるのだろう。407から始まる一連の流れの中のデザインで、307には不足しているパンチを感じるデザインとなっている。307と同じプラットホームを用いているが、シトロエンC4ピカソと同様に全幅が大きくなっている。ノーズを伸ばし全幅を広げるのは、対人衝突と側面衝突への対策なのだろうか。1815mmという全幅は国産乗用車ならば最大クラスで、エスティマやMPVの世界だ。クラウンマジェスタよりも幅広ということになる。面白いことに、今回もBMWの3シリーズと全長・全幅ほぼ同じサイズである。全幅が広がることは、駐車場での取り回しに注意が必要になる可能性を秘めている。そうはいっても国内で大いに売れているエスティマが入れるところは大丈夫ということで、このサイズまではなんとかなるだろう。
 デザイン面では、どことなくカローラフィールダーを匂わせるところがある。これは307SWにもいえたことで、並べてみるとまったく違うカタチなのに、ディテールの表現が似ているのだ。307SWが旧型のフィールダー、308SWが新型フィールダー。特にテールランプの処理あたりそっくりだ。
 それにしても、初代イプサム(ピクニック)の与えたデザイン面での影響は大きかったのだなとつくづく感じるプジョーデザインである。実車を見れば違うのかもしれないが、写真で見る限りでは、初代イプサム+3代目カルディナというイメージである。

 308が最初に発表された時には、いかついフロントマスクに違和感を覚えたものだが、よくよく見ていると美人ではないが力強いと感じるようになってきた。全体のプロポーションもじっくり見るとよくできている。407SWまで大きなクルマいらないが、207SWでは物足りないあたりのポジションを的確に表現できている。室内の品質は207が206に比べて格段に上がっていたように、308もよくなっていることと思う。その分、販売価格も上がってしまうのだろうが、ゴルフヴァリアントと名乗っているジェッタワゴンよりも格安で販売してくれるのならば、随分と魅力的だろう。ヨーロッパ車は異常な円安・ユーロ高のおかげで販売価格の上昇を余儀なくされているが、このあたりは円建て決済で乗り切るとかの方策を日本法人で頑張ってもらいたいものだ。
 従来のCセグメントのクルマは限りなくDセグメントに近づいてしまって、ゴルフヴァリアントも少し前のパサートヴァリアントとサイズが同じで、当然室内の広さも同じになってしまっているが、308SWも全長を除くと巨大だった406ブレークに近づいてしまったようだ。

a0042660_10334172.jpga0042660_10341297.jpg
[PR]
by kkusube | 2007-09-02 07:47 | クルマ