ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

201X年のクルマ選び

 気の早い話だが、そろそろ次のクルマ探しが始まる時期となった。もちろん今後数年で乗り換えるつもりはないので、4年後でも発売されているクルマが対象だ。これから発売される予定のクルマも含まれるということになる。しかも資金面で総額200~250万程度と限度も厳しくなり、サイズ面でのゆるやかな制約(全長4500mm以内、全幅1760mm以内)に加えて、安全装備はESC・カーテンエアバッグ・外気温計の3つを設定している。
 トヨタ車は安全装置の設定に積極的になってきた。製造コストの面でも目処がついてきたのだろう。このあたりがあいも変わらず上級車種のみ設定の余裕のない日産とは大違いだ。それでも、カローラフィールダー1.8S(たぶん現行ではなく新型にモデルチェンジするだろうけれど)、新型プリウスSオーリス1.5パッソセッテG。何の面白みもなく天井が若干窮屈なフィールダーが230万程度。ハイブリッドでも安くて高品質ならばという新型プリウスが240万程度。オーリスでも200万程度。貧乏くさいパッソセッテが200万程度。新型のヴィッツにも期待というところか。
 日産車は、キューブ1.5Gぐらいか。でもクルマとしての出来はマガジンXによるとサイテーのようだ。これで225万程度。新しいティーダ待ちかな。
 ホンダ車は、フィットが新型になってどうなるかが見もの。現行では1.5RSで230万程度(NAVI含む)。フリードが価格的にぎりぎりの250万程度。シビックの内装と比べてもとても250万のクルマには見えないけれど。
 マツダ車は、旧型アクセラ1.5Cが200万程度とクラスの割には安価。新型になって価格や装備がどうなるか見もの。いまのところはアクセラくらいしかなさそう。

 輸入車は残念ながら250万円内で変える物件がなくなってしまった。
 そろそろ新型に切り替わるPoloあたりに期待するしかないのかな。

 この中では4年後も確実に販売されているのはプリウスだけだろうけれど、今後出てくるクルマの中でどれだけのアドバンテージを持っているのだろうか。フィットとプリウスが10万程度しか購入価格が違わないなんて、何で?と思うのだけどESCを付けるとNAVIも一緒についてくるフィットの設定なので、決してフィットが安いクルマではないということなのだろう。
[PR]
by kkusube | 2009-04-21 21:27 | クルマ