ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

カテゴリ:未分類( 85 )

ひとは何かの楽しみをみつけて生きてゆくものだ。

当事者となってハマる人もいれば、傍観者としてハマる人もいる。
私はいつも後者として何事もちょっとハマりで生きてきた。たぶんこれからもそうだろう。懐疑論者で傍観者・・・それが私の外向けの姿だ。
そんな中、いまアイドルという仕事を観ることにちょっとハマっている。
きっかけは、一つには翻訳家の古沢嘉通さんがTwitterで乃木坂46というアイドルのブログを言及しているのをみて実際に読みにいったことだ。
もう一つには、加齢とともに衰えゆく認知力を保つべく、顔と名前を覚える訓練の題材として目の保養にもなるしと軽い気持ちで興味を持ったことだ。

ブログを読んでみて、アイドルが書いているにしてはカタイ内容が多いことに気づいた。ブログを誰が書いているのか(マネージャーなどのスタッフか本人か)は別にして、かなり切実な内容なのだ。しかも、どうやらこのアイドルたちは、他人に馴染みにくく後ろ向きな性格で、小中学校でイジメなどにあって心に傷のようなものを持っている人が多い様子なのだ。
ストーリーそのものが運営が考えた創作である可能性も十分あるとは思う。アイドルたちはそれを演じているだけ。それでもそのストーリーは惹かれるものがある。

彼女たちはアイドルという仕事をしていると自覚している。その仕事に一所懸命だ。
その姿にはまるで社会一般の企業で働いているような感覚。
デビュー前の研修期間中のトレーニング内容も、まるで一般企業の新人研修と相似する部分がある。
その中での葛藤や努力や同僚との競争といった、どこででも繰り広げられている世界が、アイドルという仕事のなかで描かれているのだ。
[PR]
by kkusube | 2016-10-31 20:09
 インターネットは極端な発言に溢れているし、面と向かっては何も言えないようなおとなしい紳士淑女が、びっくりするような罵倒言葉を吐き捨てる場でもある。いまに始まったわけではなく、パソコン通信の時代から変わらぬ、人間の本質というかエゴを丸出しにしやすい要素を備えている。
 政治的な話も、右が嫌いだ!否左が嫌いだ!と姦しく鬱陶しい。もちろん政策やこの時代をどうしてゆくのかあるいは日本人はどうあるべきかなどを論議することも大切なことである。何事にも無関心でノンポリを通すというのが正しい態度だとは思わない。
 これは近隣諸国に対する嫌悪感に関する発言にも大きく影響している。近隣諸国に脅威を感じたり不信感を募らせたりするのは自由だし、近隣であるからゆえの仲の悪さというのは人間がもつ共通の性のようなものを感じられるのだが、では嫌悪を露わにすることで何が得られるのだろうか?社会生活がシームレスでワールドワイドになってしまっている現在において、特定の近隣諸国とまったく関わらずに生活してゆくことなどできていないのに、あたかも近隣諸国で生産された製品(人も製品とみなしていいが)は拒絶しているかのような発言には強い恣意的な疑惑を感じる。
 個人的には近隣諸国で生産されているアイフォンを使っているような人に、近隣諸国を罵倒する矜持があるのだろうかと思っている。
 何を持って純血な日本人とするのか?何をもって国産とするのか?
 もっともっと学び考えていかなければならない。
[PR]
by kkusube | 2016-09-18 08:32
「友達みたいな関係にはなれなかったけど、今まで出会った中で一番の運命の人」とはNMB48の渡辺美優紀がグループ卒業の際に山本彩に言った言葉だが、『いきものがたり』の中で水野良樹が山下穂尊を評して「いきものがかりを結成してからは独特の距離感を保つようになった二人だが、この時期はまだ、お互いを友達と呼べる時期だった」と書いている部分となぜか重なるような気がする。
友達みたいな関係って何なんだろう・・・。
明石家さんまは誰に彼にも友達と呼んで、ホンマの友達は誰なんですか?と太平サブローに突っ込まれても、ホンマのもなんも友達は友達やと返していたけれど、言葉は便利なもので幅広い意味を含有するがゆえにコミュニケーションの役割を果たす。これがガチガチの意味しか持たなければもっと不便なものになるのだろう。
ずっといっしょにいることが友達と呼べる要素だとしたら、性格も行動の仕方も違う二人が友達になるということは難しいことだろう。たまさか同じ仕事同じ職場に配属されたら、友達ではないけれど近しい人にはなるだろうし、さんまのように友達と定義してしまってもいいのかもしれない。

最近は友達がいないことがアピール材料になってしまっているきらいもあるが、コミュニケーション不全と友達がいないこととは違うと思うし、あえて友達が多いことをアピールする必要もなくなってきたのではないかと思う。
所詮人は生まれてきてひとりで生きるしかないのだろうから。
[PR]
by kkusube | 2016-09-10 17:15
 必要だと信じているものの多くが、実はなくなっても暮らしに困るものでもなく生きていけないものでもないというのは周知の事実だが、実生活で痛感することは多くない。むしろ身の回りの何もかもがなくなったら困るものだと感じて暮らしていることのほうが多い。だからこそその勘違いが裏切られた時に、強い拒否反応を示すのだろうと思う。
 最近のくだらない話題としては、一億総活躍不倫社会のゴシップネタに振り回されているメディアと振り回されることに過剰に反応して熱くなっているいわば火事場の観客との醜態がある。不倫なんて過去何千年何万年の人類の歴史の中で日常的に繰り返されてきたことなのに、発覚するとなぜか悪いことをしているがごとく関係もない他人が執拗に虐める。
 ベッキーというタレントの場合もそうだ。実のところベッキーがいてもいなくてもたいしたかわりはなく、ベッキーが座っている椅子に他の似たような誰かが座っているだけなのだが、信じていた人気タレントが不倫をしていてその妻を傷つけていたということで、ベッキーは謹慎かつスポンサーからの損害賠償を被るハメになり、しかももう人を傷つけない宣言までして復帰するというドラマが繰り広げられている。
 不倫なんて関係する当人同士に利害関係があるだけで、それ以外は火事場の観客でしかないのに、あたかも正義を振りかざして虐めるのもどうかと思うし、公共といわれている電波を使って、火事場の実況中継を番組という商品に仕立てあげる感覚もどうかしていると思うが、近年はどんな些細なことでも全国規模の火事場となってしまうようだ。それだけ野次馬は飢えているのだろうか?
[PR]
by kkusube | 2016-06-11 10:07
 生前父に聞いたところでは、父の祖先は日高奥(たぶん現在は日高川町)の山の中で炭焼きを営んでいたようだ。とはいっても実父は父が16歳の時に亡くなっており、どの程度たしかな情報なのかは確認できていない。日高奥の妹子という場所だというが、姉子という地所はあっても妹子は存在しない。おそらく姉子のさらに奥に何家族か住んでいたのだろう。
 実父のさらに両親が日高奥から山を越えて有田川筋に移住してきたという。居住地が水害で流され、炭の取引先であった修理川村に移り住んだそうだ。この修理川の住居には私も子供の頃に行ったことがあり、中心集落からぽつりと離れた有田川沿いの奥まったところに2世帯が住んでいた。いっしょに移住してきた親戚は和歌山市内へさらに移っていった。この山奥で父の家族は炭焼きをして暮らしていたようだ。
 水害という話をなんとなく聞いていたが、いまになって調べてみるとどうやら十津川大水害のことのようだ。1889年8月に秋雨前線の停滞に台風が高知県東部に上陸し、日雨量1000mmという豪雨をもたらした。十津川の方が有名であるが実は和歌山の被害の方が大きかった。
 戦前に神戸の軍需工場で働き、終戦とともに戻ってきた。戦前に貯めていたお金はわずかの価値になってしまったそうである。
 帰ってきても定職はなかったようで、筏乗りをしたり、石工の見習いをしたりしてやがて見よう見まねで盗んだ石垣積みの技術で農閑期をしのぎながら暮らすようになった。

 母の祖先は、元和年間に東牟婁郡古座町津賀から藩主の命で移り住んだ漁夫茂兵衛(妻くま)、茂太夫(妻ちよめ)の2夫婦のどちらかの末裔のようだ。これもどこまでが事実かは分からない。

 どちらにしても私のルーツは和歌山の南半分にあるようだ。
[PR]
by kkusube | 2016-02-21 15:47
 ホームページの方はもうかれこれ10年近く前に更新しただけで、いまではどうやって更新したのか再度勉強し直さないとわからない状態になっているが、それなりにいま見てみるとよくできている気がする。
 さて、再度勉強し直してホームページを充実させるか、それともこのブログでよしなごとを書き綴るか、ホームページの容量も十分にあることだし、少しづつ両方を充実させる時間を確保しながら、これからの還暦にむけてのスパートをかけて行きたいと思う。

本はここにきて清水の舞台から飛び降りるような気持ちで大幅に整理した。さらに今後新しく買うにしても整理は続くだろう。レムやラファティや山尾悠子やティプトリーなら全てそろえたいが、他のどうでもよくなってきた。起動ドライブをSSDにしてWindows8.1をインストールしたパソコンは、いっこうWindows10に更新準備ができましたの連絡がこない。まだまだバグも多そうなので来年でもいいだろうと思っている。クルマの方は2013年のはずが2年遅くなって2015年となってしまったけれど、久々に更新することとなった。燃費とか細かいトラブルとかをのぞけば307はいいクルマである。肝心のATの持病がかんばしくなくなって、買い換えることになったのだけど、フロントフェンダーがプラスチックで室内空間が広々とした楽しいクルマでもあった。クルマなんて道楽の極致、金のかかる趣味だとは以前より呟いていることだけど、それだからこその平凡さは実用と趣味をうまくマッチさせる要素を持っていた。いまの308もよいクルマに仕上がっているけれど、どことなくドイツ車となってしまったのは残念なところである。しかもアヴァンギャルドなメーターデザインは、これがシトロエンだったら褒められたかもしれないと思えるものである。

2003年のクルマ選びは、27のポイントを列記した。
1.シートバックが肩まであるか 2. 座っても沈み込まないか
3. 前席座面からの高さが980mm以上
4. 後席座面からの高さが960mm以上
5. 前席座面長490mm以上 6. 後席座面長480mm以上
7. 荷物が積みやすいか 8. トランクケース4個以上つめるか
9. 前方視界が開けているか 10. 後方視界が開けているか
11. 前方に圧迫感がないか 12. 後部座席に圧迫感がないか
13. サイドエアバッグ  14.カーテンエアバッグ
15. 2段階以上エアバッグ 16. 熱線入りドアミラー
17. 全長4.5メートル以下 18. 最小回転半径5.5メートル以下
19. 車重1.5トン以下
20. 左右独立エアコン  21.チルトステアリング  22. テレスコ機能
23. トノカバー  24.プロテクションネット
25. ソフトタッチのインパネ素材  26.市街地燃費10km/L以上
27. メンテナンス費用

ここから2015版は、17.全長4.4メートル未満 18.最小回転半径5.3メートル未満
できうれば現行車よりもさらに全長が短いことを考慮して、13.14.15.の部分には最新の衝突軽減ブレーキだとかAACという先進技術も考慮した。5.6.の小さくなってさらに座席の座面長を求めるってどういうことだよという面はあるが、個人の体型からすると大きめのイスは快適な移動空間をもたらしてくれるのだ。
24.のプロテクションネットはステーションワゴンでなければ不必要な装備でもあり、ハッチバックに回帰することになった。

9.10.11.12は全高が低くなりつつある今時のデザインとしてはなかなか難しい問題である。それこそタントなどの軽カーならば実現しそうな項目である。

さすがに3.は僅かにクリアできなかったが、4.はクリアした。

12年経っても変わらない選択条件であることに、我ながら驚いている。
[PR]
by kkusube | 2015-11-09 20:30
奈良にうまいもんなしというらしい。
奈良漬に柿の葉すしに三輪そうめん。
どれも好き好きがありそうだけれど、奈良漬が美味という話もあまり聞かないし、柿の葉すしは酢飯になった現行の商品でもごちそうではなく母の味というところだろうか。
三輪そうめんに至っては、揖保乃糸の方が有名かもしれない。最高級品の細麺は、なんだか噛みごたえもなさそうだ。
しかし、そうはいっても熟れ寿司に馴染んだ隣県人にとっては、奈良でもとりわけ南半分の山岳地帯に関しては、似通った食生を持っている。奈良県全域に展開されている柿の葉すしも、元は南部のものなのだろう。そもそも北部奈良には柿畑が見当たらない。かきかきわかやまかき♪に代表されるように、柿畑は紀の川筋の果物なのだ。その葉っぱが大量に手に入るのも同じエリアということになる。熟れ寿司が、アセとバショウの産物であるのに対し、柿の葉すしは柿の葉に存在意味があるのだ。
[PR]
by kkusube | 2015-09-19 00:06
 いろいろと思うところがあってモノを選ぶのもそろそろラストチャンスかもという気持が高くなってきた。もちろんそんな覚悟は不要な心配でしかないのだろうけど、性格的に予定を決めて予定を楽しんで(ときにはサプライズの行き当たりばったりがあってもいいのだけど)線路の上を走る機関車のような生き方しかできないようなのだ。
 モノを持たないという選択肢もありだと思う。で、持つならばコレにしようという選択肢の一つとしてこれで最後かな、残り1/3の時間をその選択したモノとどう過ごすのか、そんなことを考えながら新しく発表される新商品を眺めている。
a0042660_974365.jpg

a0042660_982350.jpg

[PR]
by kkusube | 2012-09-22 09:09
 この夏は、原子力発電所が稼働を止めているため全国で深刻な節電対応が必要となるようだ。計画停電実施ということになると、冷蔵庫のモノは腐りやすくなるかもしれないし、夏場の日中の関西ともなれば劇暑の上に伝統の甲子園大会の中継をどうするのかということも話題になるだろう。節電にも限度はある。それはその通りだけど、10年前や20年前の電気使用量に戻ることが可能ならば、そんなに不自由な話ではない。ようするに電力会社のCMに乗っかって大量の電気を使う国となってしまっているだけで、必要な部分にしっかり使う。電気以外で対応できるような部分には電気は使わないとなれば、どれだけの電力が必要となるのかということなのだ。幸いなことに宇宙から見た夜の日本列島は世界中でも稀にみる神々光輝く地帯である。そういう意味でまだまだ余裕がありそうだ。まずは身近から節電にいっそう励むこととしよう。
 もしも計画停電になったときの対応として、自動車用バッテリーの簡易バックアップキットなんてのが発売されるかと期待しているが、どうやら充電する際にガスが発生して爆発するおそれがあるらしく、レスキューバッテリーにすぐに応用できるわけではないらしい。今後の非常時用として安価に売りだせばかなりいける気がするのだけどどうなのかな。
[PR]
by kkusube | 2012-05-19 18:10
 税法という不思議なカラクリで、似非ながらどうもこちらの方が食卓に出てくる機会が多くなっているのがリキュール類という発泡酒である。最初の頃にはエンドウ蛋白を使ったりと材料もビールとは異なるものであったが、最近はアルコール分を大麦スピリッツとして原材料はビールとあまり変わらない似非ビールとなっている。お気に入りは「麦とホップ」と「金麦」。なぜって混ぜ物が少ない。「金麦」は糖類が少し入っていて独特の香りを出しているけれど、「麦とホップ」はほんとうに麦とホップだ。もちろん1本が105円という市場価格も魅力だ。「一番麦」は試していないので分からないけれど、この会社は製品を変えすぎ。価格を抑えた発泡酒の中には混ぜ物が多いのは仕方のない事だけど、ビールにも混ぜ物がいろいろと入っている。ボクは、どちらかというと素材の良さの直球勝負が好きなので、ビールを選べといわれれば「ヱビス」「サッポロクラシック」「プレミアムモルツ」「一番搾り」「ザ・マスター」ぐらいとなる。これが混ぜ物の少ない(というか麦とホップで作っている)ビール。「ザ・マスター」はプレミアムビールを何度作っても失敗していたアサヒビールの傑作。これはほんとに美味しい。しかもプレミアム価格ではないし。
 コーンスターチやら米やらいろいろとまぜている飲み物は何か嗜好に合わないのでできる限り避けるようにしている。
[PR]
by kkusube | 2012-04-06 21:40