ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「ソラリス」国書刊行会 345p
 (2006/5/18~5/25)

 最初に読んだのは高校の図書館にあった世界SF全集版だから、30年以上も前のことになる。とてつもない印象で、何を書いてあるのか理解できないままに、こういう話を書く人がいるのだと思った。ソラリスをおおう海そのものとのコンタクトの話ではあったのだが、その後大学生になって「惑星ソラリス」というタルコフスキーの映画を見て、ヒロインのハリーの印象が強く残った。今回読み直してみて、この物語はハリーの話ではなく、未知の生命体と人間とのコミュニケーションの話だということを再確認したし、さまざまな読み方ができる、何度噛んでも噛み切れない奥行きと仕掛けの詰まった話であることを痛感した。
 1961年に本国で刊行され、レムのSF作品の中でももっとも人気のある作品。「地球外の知性体との遭遇について描かれた、最も哲学的かつ科学的な小説。広大無辺な宇宙空間において、理解不能な事象と愛の記憶に直面し、人は何をなすべきか」というようなストーリーなのだが、ストーリーの展開をなぞって楽しむのではなく、それぞれの章ごとに投げかけられた問題を考えながら読み進める作品。その分、読むほうに努力を要求するし、何度か読み直すごとに違った解釈が生まれるかもしれない。
 そもそもレムは最後まで結末を決めておいてから、作品を書くタイプではないらしい。しかも、同じパターンの作品は書かないと決めているらしく、毎回違うパターンの作品になっている。アイディアを展開するにあたって、その場での集中力の高まりにまかせて作中の登場人物が勝手に動き出すのを待って、いわば神がかりで記述するのだとという、プロットよりも作品の力を信じて書くタイプ。だから、知性をもった海というはどんなものだろうと考え出したら、たまらなくなって話が展開していったのだろうし、主人公ケルヴィンの行動も最初から決まっていたわけではなく、その場の進行にあわせて変わっていったのだろう。
 早川書房の世界SF全集版が出て、1977年に文庫改訂版が出ているが、どちらもロシア語からの重訳。今回の国書刊行会版がポーランド語からの決定版新訳ということになる。
[PR]
by kkusube | 2006-05-28 09:04 |
 待望のフォードC-MAXが国内でも販売されるようになった。価格は280万円で、1モデルだけ。5人乗りだから、307SWの1.6仕様と同じクラスだろう。ルノーはセニックから5人乗りの日本国内販売を見送りグランドセニックだけにしぼったが(それでもまだ実物を見たことがない)、フォードはその日本では売れないところに新車を投入してきた。
 サイズ面では全幅が1825と1.8メートルを越えることが気になるし、全長4330の割りに、最小回転半径が5.6メートルと大きめ。あまり取りまわしは良くなさそうだ。
 このクルマはよく見ると、何かに似ている。今は無きニッサンのティーノ。ティーノも荷物さえしっかり載るように造っていれば、まだ使い道はあっただろうけれど、荷物積載も中途半端で、サイズも中途半端に終わってしまい、販売不振で国内から消えたモデルだ。国産車でも売れない場所に、かなり高めの価格で投入してくる目的はなんなんだろう。
 カタログだけから見ると、広い全幅の割には後部座席の幅は小さ目で、室内空間もさほど広くはなさそうだ。トゥーランと比べても、同じ程度の大きさで室内空間は狭そうである。
 個人的にはこの位のクラスのクルマが、実用的には一番使いやすいと思うのだが、ミニバンよりも高い価格で勝負するとなると、なんらかのプレミアムの要素が必要で、このままでは売れないまま消えてしまうか、フォーカス自体が売れていないので、ほそぼそとヨーロッパフォードの血を絶やさないように売ってゆくかのどちらかしかないように思える。
 GMがそろそろ日本国内から脱走しつつある今、悪名高いPAGが仕切るフォードはどうなってゆくのだろう。
a0042660_20334556.jpg

[PR]
by kkusube | 2006-05-25 20:34 | クルマ
「エデン」早川書房 269p
 (2006/5/14~5/17)

 80年1月31日発行。23歳になった2月2日に買った本である。タルコフスキーの「惑星ソラリス」という映画が公開されて、レムの作品がいくつか続けて翻訳されるようになり、海外SFノヴェルズというハードカバーシリーズでの出版であった。
 シリアス・ファンタジーの長編小説で、1959年に刊行された宇宙SF3部作の第一作。この時期から1964年の「砂漠の惑星」までが、いわゆるSFらしい作品を積極的に執筆していた時期であり、作品としても脂の乗っていた時期である。
 エデンという題名の惑星が舞台である。当然そこはエデンの園であるはずなのだが、実に奇妙な進化の袋小路の世界で、その惑星の不時着した宇宙船の乗組員たちの惑星探検が描かれている。
 レムの作品の中では難しい講釈が少なく、すんなりと読める。ただし設定は舞台劇のようでもある。
 宇宙船も登場するし、エデンという惑星は理解しがたい異世界ではあるが、宇宙船の乗組員は、コーディネーター(いったい何をする人?)、技師、ドクター、物理学者、化学者、サイバネッテスト(ロボット屋?)の6名で、パイロットや船長も登場しない。宇宙船はオーマットという自動機械によって操縦され維持されているようだ。
 技師だけが、ヘンリックという名前で呼ばれているが、他の5人は職業名だけである。エデンという異世界の惑星に不時着した地球人が6名の役柄に振り分けられて、異世界をどう理解しようとするのかというのが、この物語のストーリーである。それぞれの理解はしっかりとした結論を示すわけではなく、それぞれの類推のままエデンよりの脱出で終わってしまう。読者にこれが正解だという回答を与えることなく、不十分な情報から推測するしかない物語となっているが、エデンのグロテスクな情景描写は、読んでいてむなくそが悪くなる。

 ここまで3作を読んできたが、どれも映像にして見たくなるような作品ばかりで、レムの表現力のすごさを感じずにはいられない。

 本国での刊行順に読んでいるので、どうしても短編や連作物は執筆時よりも随分と時間が経ってから刊行されることになる。泰平ヨンシリーズなどは比較的初期から書き継がれこの時期にはある程度まとまっていたはずだが、増補版の刊行は1971年になってからである。
a0042660_20183941.jpga0042660_20185097.jpg
[PR]
by kkusube | 2006-05-24 20:19 |
 パソコン関連の出版だけだと思っていたら、新書や文庫まで手がけるようになったソフトバンクパブリッシングから、ムツゴロウこと畑正憲氏の世界旅行記が再編集されて出版されていた。
 高校時代からしばらくの間、のめりこむようにムツゴロウの本というのを読んでいた時期がある。実家には70冊程度の「ムツゴロウの○○○」という本が残っている。実際に「われら動物みな兄弟」などの初期の数冊はすばらしい出来だと思う。文章がうまくなって大量生産するようになった時期にくらべて、ネタの鮮度と味わいが違う。
 やがて動物王国の苦楽をともにした実弟と決別し、TVなどへの露出が多くなった頃から、ムツゴロウの著作とは遠ざかってしまったが、この人のすごさは動物とつきあうときは命がけだというところだろう。いつ死ぬかは分からない決意をもって動物たちと体当たりしている。狩りをするのでもないのに、動物と仲良くするために自分の命をかけているのである。普通は、命をかけて動物とつきあうことなどできない。死に物狂いで、ものごとに立ち向かうというだけでなく、実際に相手次第では死んでもおかしくない状況に生きがいを感じているのだ。
 しかし胃癌を克服して、まだムツゴロウは死んでいない。
[PR]
by kkusube | 2006-05-20 09:10
 一時期の大逆風の時代から、アウトランダーとという2台のクルマを通じて、三菱のクルマが元気になりつつあるように見える。ダイムラークライスラーとも手を切り、開発に時間をかけてじっくり作りこめた製品がようやく市場に出てきたので、そのいい部分が評価されてきているかのようだ。三菱という自動車メーカーの存在意義があるかどうかは別として、短期間で速成開発しましたというクルマが多くなっている時代に、しっかりといいものを造りますという姿勢は貴重だし、それでこそ存在意義はあると思う。既存のパーツをぱぱっと組み合わせて、開発費をぐんと押さえて作ることは、利益重視を目的とする企業としては必要なことだろうと思うが、きちんとしたテストもせずに、不十分な製品を売りさばくことは、利益を一時的には上げることが出来ても、やがては顧客は離れてゆくだろう。もうそのメーカーの次のクルマを買おうとは思わなくなる。
 いろいろなトラブルのおかげで5年もの長い開発期間と、軽としては異例のまっさらなプラットフォームで作り上げたiは、道路を走っていても存在感がある。しかもうっとうしくはない。三菱は否定しているが、スマートのプロジェクトがあってこそのではあるが、ダイムラークライスラーの置き土産で、もう一度いいクルマを造る気持と自信を取り戻して欲しいものだと思う。
 そういう意味では、これから出てくるデリカD:5やランサーが楽しみではある。そこで以前の三菱に戻ってしまっていたら、もう救う道はないかもしれない。
[PR]
by kkusube | 2006-05-19 20:29 | クルマ
「捜査」ハヤカワ文庫SF306 271p
 (2006/4/22~5/14)

 78年8月15日発行。8月27日に購入。本国では59年に刊行され、翻訳はSFブームに乗ってレムが徐々に文庫で発行されだした時期である。
 犯人が不明のまま捜査が失敗するという奇妙なミステリー。薄めの本にもかかわらず、楽しく読みすすめられる話でもなく、読んでいると本文から妄想の世界へ入り込んでしまって、何度も同じ箇所をなぞっている状態に陥ることもしばしば。捜査員たちの悪夢にも似た謎の渦中へまきこまれ、読むほうも気持悪さを感じる。
 「人間の理性では理解できない現象に、人がどう対処するか、そして結局はどんな解釈を与えてみてもそれを説明できないことがある」というレムの作品に共通するテーマが描かれているというのだが、つまらなくはないが楽しめる話でもない。
 死体消失が頻発し、ロンドン警視庁のグレゴリィ警部補が捜査を命じられる。現場に手がかりらしいものは無く、どうも上司である主任警部の友人のシス博士が関わっているらしい様子もあるのだが、謎は解明されることが無いまま捜査は終わる。読者に犯人を推理されるという形式のミステリーでもなく、そういう不条理を無理やり理解できる形で終わらせるのが現実なんだということがいいたいのだろうかとも思う。
 同じようなテーマで再度「枯草熱」という作品を書いていることから、レムのこだわりのテーマがあるのかもしれない。
 訳者の深見弾は「カフカばりの作品」と記しているが、「変身」の主人公の名前がグレゴール・ザムザなのは何かの類似なのだろうか。
a0042660_2026118.jpga0042660_20262193.jpg
[PR]
by kkusube | 2006-05-14 20:29 |
 国内で発売になっていることは知っていたが、初めて新型ザフィーラを見た。最初はベンツのBクラスかと間違ってしまったが、よくみるとまとまりはザフィーラの方がいい。B170が約300万するのに対して、ザフィーラ2.2CDは269万である。年初にメリーバの新古車が160万程度で出ていたことを考えると、数十万の値引きはあるのかも。まとまりは旧型ザフィーラよりもよい。しかし、全幅が1.8メートルとオデッセイ並となってしまったので、取り回しはともかく狭い駐車場では苦労しそうである。
似たサイズのトゥーランEが271万であるが、リセールバリューはトゥーランが随分とよいように思う。スタイルは真四角なトゥーランよりは、ザフィーラがましだろうか。グランセニック2.0といい勝負か。
 このクラスの国産車と比べると割高だし、シートの出来などで差別化できるかどうかが分かれ目だろう。従来はチープな内装だったオペル車の汚名を返上できるかどうかと、ルノーよりも少ない販売網で、果たしてどれだけの数が売れるのか興味深いところだ。
[PR]
by kkusube | 2006-05-08 21:02 | クルマ
 GW公開の「ガメラ」を見てきた。映画館で映画を見るのは、「アイアンジャイアント」以来だからほんとうに久しぶり。600席以上ある映画館だけど、入りはパラパラ。連休中にはもっとたくさんの人が足を運ぶことだろう。
 ストーリーはもう少し追い込めば面白かったという部分があるが(せっかくの伏線が生かしきれていない)、1時間半楽しませてくれるできにはなっていた。正直言って、怪獣映画に期待していったわけではない。特撮も良くなって、スタッフのしっかり作ろうという意気込みが伝わってくるようなよさが感じられた。
 怪獣同士のバトルを中心にすえず、ガメラと少年少女たちの触合いをメインにすえたのがよいと思う。多感な小学校高学年から中学校低学年に見て欲しい映画にできあがっている。もちろん昔ガメラを見た中年が見ても大丈夫。
 主人公の少年の母親(鷲尾いさ子)が見られたのもよかったし、麻衣(夏帆)もよかったと思う。
[PR]
by kkusube | 2006-05-02 15:01