ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「ガラスの塔」ロバート・シルヴァーバーグ著 260p
(2007.1.8~8.17)

 娯楽読み物としてはシルヴァーバーグは標準以上の作品をたくさん書いているサービス満点の作家だ。アイディアの扱い方も心得ているし、社会意識も織り込んでいる、エロティックなサービスも必ず入っている、つまり小説の読者を掴む要素をあまさず入れて出版社の要望する長さにまとめる技術にたけている。一時は小説工場といわれ、一定の小説を大量生産していたが、その後小説工場と呼ばれるのを嫌って、ニューシルヴァーバーグと呼ばれるようになって、従来よりも問題意識を小説の中に取り込んだ作品を書くようになった。確かにシルヴァーバーグは才能のある作家だ。しかし、読み終わったあとに何も残滓が残らない、お上手な作家であることがようやく分かった。なんだかもやもやする破綻もないし、余韻が残ることもないのだ。
 凍てつく北極のツンドラ大地に、赤い肌のアンドロイドたちがシメオン・グルックの野望のために、高さ1500メートルにも達するガラスの塔を建設している。それは宇宙にむけて人類の存在を知らせる巨大な送信機なのだ。アンドロイドたちは、グルックが蛋白合成より作り出した。単純な労働はアンドロイドにまかされており、中には高度な知識を有するアンドロイドさえも出現していた。アンドロイドたちはひそかに宗教をうみだし、奴隷状態からの解放を願っていた。しかし、グルックはアンドロイドを商品以外のなにものともみなしていなかった。
 話としてはもっともっと面白くなりそうなのに、後半にゆくにしたがってしぼんでしまうのが、シルヴァーバーグの特徴である。短めの中篇あたりまでがシルヴァーバーグの旬なのだろうか。
 昔はすごいと思っていた作家だが、底が見えたような気がした。
[PR]
by kkusube | 2007-08-18 08:33 |
「輝くもの天より墜ち」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著 586p
(2007.7.31~8.16)

 ティプトリー・ジュニアの二冊の長編ようちの一冊がようやく翻訳された。惑星ダミエムに<殺された星>のもたらす光を見物にやってきた観光客と、惑星の行政官たちのやりとりの24時間をミステリ的な要素を加えて描いています。あえて舞台を宇宙にする必要があったのか、そのあたりは作者にしか分からないでしょうけれど、心臓手術に九死に一生を得た老境の作者に、まだ何か書けるものがあることに気づき書かれた作品だといわれています。しかし、作者はこの作品のあとまもなくアルツハイマーの進行著しい夫を銃で撃ち心中してしまいます。そのあたりの老いてしまった主人公とその夫との愛のやりとりもこの物語では重要な要素となっています。単純な構成で、読みやすい展開は、あたかもジュヴナイルのようですが、そこで展開されているテーマは決して軽くはありません。単純に自らの利益のために亡者となってしまった悪党も登場しますが、ほとんどの登場人物は善悪をつきつめられる存在ではありません。主人公のコーリー自身からして、記憶を消してしまわなければならないような過去を持っています。
 ティプトリーの「たったひとつの冴えたやりかた」が好きな人にはお勧め。いま流行のライトノベルの読者にも大いにお勧めの一冊で、分厚いながら読み進めるのをやめられない魅力をもった傑作です。
 訳者の浅倉さんの生きているうちに、もう一冊の「Up the Walls OF the World」も是非出版して欲しいものです。
[PR]
by kkusube | 2007-08-16 20:32 |
「神鯨」T・J・バス   433p
(2007.7.16~7.25)

 買った時から、何度か読みかけては中断していた作品である。新人の長編ながら、ル・グィンの「奪われた人々」やディックの「流れよ我が涙、と警官はいった」といった1975年のネヴュラ賞長編部門を競った問題作で、異形の未来を描いた作品である。
 ラリー・ディーバーという選ばれた遺伝子を持つ主人公達と、ロークァル・マルというサイボーグ鯨の漁船とが、中央情報処理施設クラス・ワンに支配されたハイブ時代という都市生活を送る小さな人類達と対立する情景を描く、醜く汚い未来。原始的な水棲人達は、ハイブから逃げ出したハーやハイブで育成されたア・-・ノ・ル・ドなどのディーバーのクローンに率いられ、ロークァル・マルとともに、ハイブの繰り出す艦隊やファーロングと戦う。
 グロテスクな未来小説。しかし内容はグチャグチャのグロテスク小説なのだが、読後感はさほどでもない。単純な娯楽小説に仕上げているので、描いている未来社会の人間を単なる淡白資源としてしか捉えていない状況や、人体実験の様子などは読みながら問題意識を感じるということがない。1970年代に書かれたにしては、いま読んでも面白い。
 サイボーグ鯨のロークァル・マルというアイディアがよかったのだろう。事実、タイトルの「神鯨」はロークァル・マルのことだ。しかも、ディーバーという主人公そのものが事故により下半身がない存在だったり、ア・-・ノ・ル・ドも遺伝子に必須アミノ酸の障害を受け付けられた欠陥人間だし、ハーも同じだ。この世界は欠陥人間だらけの異様な世界なのだ。
 本国で74年に出版されて、翻訳されたのが78年だから、当時としてはかなりアップ・ツー・デイトな作品だったのだろうが、残念ながら現在は絶版である。
 未来社会を描いたグロテスクな小説といえば、むしろ後年に書かれたマコーリイの「フェアリィ・ランド」の方がエロティックでグロテスクだ。
[PR]
by kkusube | 2007-08-15 20:50 |
先月の後半にハワイに行ってきた。
めったに海外旅行する機会はないのだが、初めてのハワイである。
関空より22時30分発のノースウエストのA330に乗って、その日の12時頃ホノルル国際空港に着いた。A330は初めて乗るが、室内は広く座席も2-4-2なので、どの席に座ることになっても比較的トイレに行きやすい。座席をリクライニングした状態で、二人越えて移動するのは大変だが、一人越えるだけならば移動しやすいからだ。ノースウエストのサービスはLCCではないが、割合雑で怖いおばさんの客室乗務員も登場していたりして、そのあたりJALの方がよかったかなとも思った。機材は新しいのだが、掃除が行き届いていない部分もあるようだ。初めて乗るA330とはいっても、A300B4とかとも同じだろうから、新鮮味は少ない。ユナイティッドだったら777に乗れたのだろうけれど、777は国内線でも載る機会があるだろうから、A330という選択も悪くはなかった。
 ホノルル国際空港について、ほどなくして旅行会社のリムジンで集合場所に。リムジンにはじめてのって感激していたが、室内は天井が低くて窮屈。ムードは満点なのだが。集合場所で旅行での注意事項を聞いたり、オプションツアーの予約やお土産の手配などをして解散。近くのショッピングセンターの地下にあるフードコートで、ロコモコを食べる。どうやら1$=120円というレートは、生活レベルからいうと1$=90円程度のようだ。なんでも日本円に換算すると高く感じられてしまう。ここから歩いて10分ほどで、宿泊先のミラマーアットワイキキにチェックイン。荷物も無事到着していて、この日は、ホテルのプールでおちびが少し泳いで終わる。夕食は、近くのABCストアで買った、スパムおにぎり。ワイキキは300mに1軒ABCストアがあるのではないかと思うくらい、ABCストアだらけだった。コンビニ形式で何でも売っているので便利である。
 翌日はオプションツアーで、ハナウマ湾シュノーケル体験に。サーフライダーホテルの集合場所よりフルサイズバンに乗せられて移動。シュノーケルやゴザを借りて、何故かここでリムジンに乗り換えてハナウマ湾に移動。教育ビデオで説明を聞いてから、実際にビーチに下りることができた。ワイキキビーチでもハナウマ湾でも、海の色は、薄い水色から沖に行くにしたがって、徐々に紺色が入ってきて、沖合いは黒に近い群青の海となる。この色の変化が、きらめる陽光に映えて、ほんとうにきれいである。国内ではまず見られないし、どんよりした鉛色の海を見る機会がほとんどである。ただ青いだけならば、黒潮の流れを見ればいいのだが、水際から沖合いにかけて徐々に変化するうつくしさにはかえがたい。
 しかしハナウマ湾も人が多すぎるのか、波の影響か、水質は濁っており、思ったほどの透明な海ではなかった。観光客が多すぎて、湾内も透明でなくなってしまったのだろうか。
 夕方は、トロリーでアラモアナショッピングセンターへ。やたらと広大なショッピングセンターで、ワイキキの街中も同じなのだが、ブランド品のお店がいっぱい。ハワイにブランド品を買いに来たわけではないので、できるだけハワイ産のお土産などを探しながら、ここのフードコートで夕食。食べるものはほとんど日本で食べているものと変わらない。20年前は、日本人の食べるものは高級レストランとかにしかなく、せいぜいハンバーガーをほうばる程度だったそうだが、今は味付けはハワイ風かもしれないが日本人でもアメリカ人でも同じものを食べている時代になってしまったようだ。おなかが一杯になって、早めにホテルに帰ってきて寝る。
 翌日は、オプションツアーの歴史探訪。大型バスでの観光である。ハワイの歴史といっても、サモア人がやってきてハワイ島を統一。やがて、北の島にも攻め入って、カメハメハ1世の時代に、オアフ島も占領して統一。5代続いたカメハメハの時代が終わると、アメリカの傘下に入ってしまっていたというぐらいである。もともといたポリネシアの人たちが、より力の強いポリネシアの人たちに攻め滅ぼされて、その後イギリス人がやってきて交易をはじめ、やがてイギリス人がアメリカ人に代っていったのだろう。カメハメハ大王のハワイ統一といっても、200年ほど前のことであり、そこに腰蓑姿に仮面をかぶった兵士が槍で戦っていた状態だから、400年ほど前に種子島という鉄砲戦で統一がされた日本の戦いとかと比べても、実にしょぼい争いを続けていたのだろう。元来が気候も温暖なので、生活に困らなければ戦いなどしなかったのかもしれない。いくつかの観光名所を巡った後は、ホノルル動物園にいって午後を過ごす。広い場所にゆったりと動物が飼われており、ここは観光名所ではないけれどお勧めの場所だ。
 わずか3日の旅なので、次の日には帰国。午前中は、近場を散策してお店を覗いたりした。13時にフルサイズバンに乗せられてホノルル国際空港へ。16時30分発のノースウエストで、翌日の20時30分に関空に到着。楽しい夏の休暇が終わった。
a0042660_10303753.jpg

[PR]
by kkusube | 2007-08-12 08:24