ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 新聞で魚を食べるという特集があった。農林水産省のスポンサーらしく、実にデタラメな記事で、書き手の記者の頭を疑うような内容だった。魚を食べると寿命が延びるらしいというイメージ広告と年々魚の消費量が減ってきていることへの危機感をあおるような内容で、明らかにヤラセである。世界各国の寿命と、魚の消費量を縦横にとったグラフには思わず笑ってしまった。寿命と魚の消費量には何かの因果関係があるかのような、意図的なグラフで、年々伸びている日本人の寿命と年々減っている魚の消費量との間にどんな因果関係があるのか、そちらの方をしっかりと説明してもらいたいくらいだ。魚を食べなくなったから、寿命が延びたのではないか?日本人の寿命が他の国に比べて長いにもかかわらず魚の消費量が多いのは、どうしてなのか?そのあたりの解明はまったくなされたいない。
 実のところは魚以外の肉の消費量が増えたことによって寿命は延びたわけだし、もともと魚が主要なタンパク質補給源であったから多いだけなのだろう。
 このような誤った図を使った大衆洗脳型の広告記事は、しっかりとチェックして慎まなければ、新聞という媒体そのものの存在意義を失いことになるだろう。
 論拠のある記事を期待したい。
[PR]
by kkusube | 2008-06-25 20:58
 環境をテーマにした洞爺湖サミットで盛り上がっているせいか、札幌市内での4大ビール会社のネオンサインが夜8時以降消灯するという報道があった。
 これっていつか来た道?なんとなくデ・ジャヴ感がある。
 そうそうオイルショックの時にもこんな光景は繰り返されていた。深夜TVもなくなっていた時代があったのだ。あれはいつ解禁になってしまったのだろう。オイルショックのあとにきた、バブル期にすべて吹っ飛んでバブルが崩壊した後もだらだらと続いているのではないだろうか。その当時深夜TVがなくなって困ったという思いはない。もともとTVは見ない方の人間だから、TV放送がなくなってどれだけ困るかというと怪しい限りではあるが、エコを考える前に、当然今の社会で節約できる部分はいっぱいあると思うのだ。
 環境なんたらと仰々しく広告するくらいならば、TV業界は率先して放送時間を短縮し決意表明をしていただきたいし、できないならば「電気は無限です。使ったもの勝ちです。自分さえ儲かればよいのです!」くらいのキャンペーンをやってみたらどうか?そこまでインパクトを出さなくても、緊急放送以外は24時~6時の間の6時間は放送禁止時間とするとか、そういう前向きなエコキャンペーンを実施してはどうだろうか。
 確かにいつでも開いているから便利なのだが、24時間オープンの商店だって、一日12時間以上の営業を禁止してもかまわないと思うのだが、どうだろう。そのあたり徹底しているドイツと比べる必要はないとは思うけれど、あまりにもぬるま湯につかったまま、商売のためのエコ、エコのためのエコになってはいなだろうか?
 昼間の不要なデイライトもやめるべきである。デイライトは昼間でも存在が識別しにくい場合に有効なのであって、大きなバスなどまったく不要である。

 「くたばっちまえ!人類」キャンペーンをする方が、「地球環境を守る」なんていう人類が生き残るためのエコキャンペーンよりも、地球にとっては意味があるような気がする洞爺湖サミット前月ではある。
[PR]
by kkusube | 2008-06-22 11:30
 期待のニューモデル308が本国での発売から1年以内で国内投入された。タイミングとしては早い方だし、ディーラー網の縮小再編成をしながらも国内販売台数が激減している現状では、207SWの投入とともにどうしても早期に必要なニューモデルであった。
 しかし、国内投入された308はどれもターボモデルで、一番安価なタイプでも299万。これではBMWの116の世界だ。ユーロ高でヨーロッパ車の輸入価格が高騰してるのは理解できる。308が307よりもプレミアム路線に踏み出したのも理解できる。ただ、日本国内にプジョーがBMWなどのプレミアムブランドカーとしての認識があるかどうかだ。あるならば407はもっと売れてもいいはずではないか?このままでは一部のファンが買ってくれるかどうかの希少車種になってしまう可能性もある。308は大幅に改良しているとはいえ、プラットフォームは307のままである。たぶんピカソやC4に近いだろう。C4よりもボリュームを売りたいと考えるならば、もう少し割安感を出さないと難しいのかもしれない。
 今後ターボモデルではない、ベーシックスタイルモデルが発売される可能性もあるが、ゴルフEは1.4Lのターボモデルで248万円である。この価格ラインまで下げて発売できるのだろうか。そのあたりに成功の鍵があるように思う。ベーシックモデルが販売のメインでなくても、ベースラインが低いということで目を向けるユーザは多いはずである。
 年内には308SWも登場するらしい。噂では350万程度とか。もう買えないヨーロッパ車に近づいていしまっている。VWのトゥーランの価格を比べるまでもないが、以前はVWと比べても若干安価な設定だったことがプジョーの魅力でもあったような気がする。今後は売れない高級車路線だろうか。
 308に関しては、車幅も1.8mを少し越している。大きすぎる車体である。しかも350万出すのだったら、BMWやベンツやAudiに行ってしまうのが、日本での外車購入者なのではないだろうか。
a0042660_10491392.jpg

[PR]
by kkusube | 2008-06-21 09:25 | クルマ
  『海がきこえる』はジブリのアニメ作品だけでなく、小説の方がずっと面白い作品だ。一種の青春小説であり、YAジャンルの傑作といえるのではないだろうか。他のどの作品も面白いが、同世代の共感を持って読むことができる作家が、また一人逝ってしまったかと思うと残念でならない。
 人は必ずいつか死ぬ。それは生き物に与えられた必須の条件なのだろう。命は生まれてきては滅ぶ。だからこそ尊いし、生かされていることに感謝しながら、生命活動を行わなければならないのだ。地球上の生き物の中には、細胞分裂などで増殖するだけのある意味永遠の命を永らえているものもある。ある程度の高等生物になると、個体としての命が発生する。虫も魚も哺乳類も、その掟からは逃れられない。
 しかし一個の生命で、もう少し永らえて欲しいと望むことは多い。
 作家としては51歳はまだまだこれからが面白いところだったろう。
 ただただ合掌。
[PR]
by kkusube | 2008-06-07 21:03 |