ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 ドイツ車でもイタリア人デザイナーを売り物にするのだなというのは、初代ゴルフがジウジアーロのデザインだったことを思い出させる。今回のポロのデザインはダ・シルバ100%だそうで、オリジナルのアルファロメオ147のデザインが好きならば今回のポロのデザインにはなっとくできるはず。
 元々コンパクトなクルマでゆったりと大人4人が乗れるのならばと考えているので、今回のポロのサイズと価格には興味を引かれる。エアコンのデザインがやややぼなことや6Nや9Nなどでの故障にまつわる悪評を聞いている身としては、ポロ?という印象がないわけでもない。VWは日本では販売台数のもっとも多い輸入車だけど、ディーラーの悪辣な評判も耳にする。かならずしも品質に信頼が持てるメーカーではないようだ。先代9Nは丸目のころにディーラーで座ったことがあるが、前席はともかく後部座席は狭いと感じた。頭上空間もゆったりとはいかない。このあたりフィットの方が上をいっているように思う。
 しかし、EPSを積んでカーテンエアバッグを奢って、しかも残照灯やライト付バニティミラーも付いた上で、ダッシュボードはソフトタッチと日本では高級車といわれてるクルマへの装備が標準で設定されている。そういうコンパクトカーは国産車にはないし、たとえば同じ価格帯のオーリスですらプラスチックの安っぽいダッシュボードだ。このダッシュボードはプリウスともそっくり。荷室は狭く、280Lとプリウスの290Lと同程度。実車に座ってみないと本当の印象は分からないが、面白い存在だろうと思う。
 シーブルーという青色がモデル後期まで存在することを祈るばかりである。
a0042660_1938377.jpg

[PR]
by kkusube | 2009-10-24 19:40 | クルマ
 いつの間にかビールではなくビールもどきの発泡酒を飲むことがあたりまえになってしまった。
 発泡酒の中でも、さらに酒税のうまみを生かした第三のビールと呼ばれる低価格ビールもどきが主流になってきている。ビール会社も利益率の高い第三のビールに力を入れるようになって、ノドごしのよさを強調した某社のビールに負けないようなテイストに仕上がっているのはテイスターの努力の賜物だろう。それほどまでに第三のビールは、ビールに負けない飲み心地提供している。
 ビール党と呼ばれる人たちがいたものの、ビールの旨味をじっくりと味わっていたわけではなく、プハーとぐいぐいノドを通過することに心地よさを求めていたようである。ノドごしのよさに騙されてしまって、本格的なビールは廃れてしまう傾向にあった。
 今ではビール会社も主力を第三のビールにおいている。飲みやすさをさらに強調した「ぐいなま」あたりが一番売れているようで、確かにすっとノドを通過してしまう。ただしあまりにもあっけない。夏場は少し微妙な香りが漂う「金麦」がおいしいと思う。プレミアムモルツの第三のビール版と考えていいかな。でも鍋物などが多くなる冬場はもう少し口に残る飲み物が欲しくなる。そこで冬場は「麦とホップ」。ホップの苦味よく利いている。エンドウを使った第三のビールよりもずっとおいしい。
 政権が変わって酒税のありかたも変わるようになると、本物のビールも安価に飲めるようになるのか?
 あるいは安価な第三のビールも高くなって、ビール類を飲めなくなるのか?
 とりあえず、夏場は「金麦」で冬場は「麦とホップ」かなぁ。
[PR]
by kkusube | 2009-10-18 14:34