ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 そろそろ掃除機も新しいのが欲しいよねという同居人の言葉で、電気屋さんめぐり。この手の家電はどれがいいのやらさっぱり分からない。指針も評価できる基準もない。今の掃除機は大きく分けて排気はきれいだがゴミをすてたりが面倒というサイクロン式と従来の紙パック式の2方式があり、市場の評判では紙パック式のパナソニックP900Wがダントツで評判がよい。しかし価格も4万円程度もするようで、掃除機も安価なものと高価のものの二分化になってきているのだろう。
 従来から使ってきたのは日立の掃除機。どうやら同居人は日立のヘッドがお気に入りらしい。家に帰ってきて調べると9月中旬より新型モデルとなってPP10という型番である。近くの電気屋では49800円のプライスタグが付けられている。旧型のPM10とどこが違うかというと、おまけのヘッドがなくなって(最高級モデルにしかつかなくなった)、仕事率が多少上がっただけのようである。いわゆるコスト削減のためのモデルチェンジで、単純な値上げ。旧モデルならばネットで25000円で買える。急遽購入が決定。
 ま、掃除機なんてなんの新しいアイディアもなくモデルチェンジを繰り返しているだけだから、在庫旧モデルに限るという話である。仕事率なんて、カタログハウスのご推奨のミーレなんか200W程度。それが日本製品は、やれ620Wでクラストップだとか、まるで机上のお受験モード満開なのである。
[PR]
by kkusube | 2009-11-06 20:59
 さっそくデビューフェア中のポロを見てきた。展示用の赤ポロと試乗用のシルバーポロの2台。クルマらしいオーソドックスなデザインで質感はいいけれど感性に訴えてくるものはない。
 まさにプチゴルフ。室内の質感もダッシュボードにソフトパッドの素材を使用しており、国産のプラスチックのダッシュボードに比較しても格段にいいもの感にあふれている。プリウスやオーリスクラスですらプラスチックの硬いダッシュボードを使っているので、それと同程度の価格帯というのもなっとくできる範囲なのかなと思う。内装のデザインは使いやすく実用性の高いものだけど、平凡でときめきがない。安心して使えるとはいえ、枯れたデザインである。エアコンのスイッチがヨーロッパ版のオプション設定のようにデジタルになれば、少しは印象が変わるのかもしれない。オートカーの評判でも、できはいいけれど退屈というような評価だった。

 日本の同クラスのフィットやヴィッツと比べると、後部座席の足元空間は随分と狭く感じるが、実用上は4名乗車であるし、前席と後席が近いことは室内でのコミュニケーション上悪いことばかりではない。軽自動車でももっと後ろの席の足元空間が広々としているクルマはいくつもある。
 見て触った上での質感は1ランクは上に感じた。内側からドアを握る部分が斜めになっており、使いやすい。トランクも幅がない分ゴルフバッグには辛いが、日常の買い物やちょっとした旅行にいく荷物ぐらいならば問題なく積み込める広さがある。運転席に座った印象も、狭くは感じるけれどしっくりとくるものだった。包まれ感のある安心度はある。ゆったりと広々空間の安心感はなくなった。そのあたりどう評価していいのか難しいかなと思う。

 実際に周辺を1周する程度の試乗を行った。
 エンジン音は妙に高い印象で、静かになったという前評判に比べてうるさく感じた。ゆっくりとスロットルを空けるような運転だと非力に感じ、なかなかスピードが上がらない。このあたりはまだ下ろしたてだからだろうか。アクセルを開ければ加速するので問題はないだろうけど。すぐに高いギアにシフトチェンジしてゆくので1500rpmあたりでいつも走っている。燃費は14~15キロ/Lくらいはいくのではないだろうか。
 電動油圧というステアリングも妙に軽い。逆にいま乗っている307が重すぎなのかもしれないけれど、路面の情報を的確に伝えてくれているのかは疑問。
 4名乗車での試乗であったが、乗り心地はフィットクラスの突き上げるようなドタドタ感は皆無。落ち着いた乗り心地でよい印象だった。
 ブレーキももう少し利きがよいようなセッティングでもいいのかなとは感じたが特に問題はない。
 色はレッドもきれいな色だったけど、ブルーとイエローに期待したい。

 平凡で退屈だけど大変よくできたクルマというのが今回の評価である。
[PR]
by kkusube | 2009-11-01 15:11 | クルマ