ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 読めない本は、置く場所を工夫して積んでおけばいい。眺めるだけでかまわないのだ。使い切れない筆記具だってしかり。眺めて楽しめるならば、それでいいのだ。保存しておくには収納する空間が必要となるし、維持するためのお金だって必要になる。大きな空間を維持できるだけの能力も金力もないので、できることには自ずと限界がある。ほんの少しだけど、いろいろなモノがいっぱい身近にあることで、生きている楽しみもまた生まれてくるものなのだ。
 そういう意味で、コレクションとまではいかないし、コレクターともいえないけれど、ぷちコレ程度には楽しめる無駄というか余裕がある生活がしたいと思う。見ていて気持ちが安らぐもの眺めていて楽しいものが存在することを、せっかちに世の中を生きている多数派には理解出来ないのだ。ケータイ電話すら持たない少数派でもいい。自分なりの生きる楽しみをしっかりと繋ぎとめることが大切だと思うこの頃である。
[PR]
by kkusube | 2010-08-17 19:43 |
 人はあるときたまには詩人もどきにはなるのですね。
 曲を聞いたときには雪の降り積もるホームに立ったことも、雪の降る中を歩いたことも思い出としてはなかったのです。実に27歳のため息とは面白いものです。

「サヨナラができる」

 ホームには白い粉雪が舞って落ちる

 あの時は涙が急にとめどなくとまらず
 優しさはなんだったのと悔しくて泣いた
 素直になればいい何も求めなければいい
 そんなことは分かっているは分かっている
 分かりたくない

 あの人のことなんていやよ私には言わないで
 切なくて別れを告げるサヨナラと軽く
 私一人だけの貴方でいて欲しかった
 ほかのことは聞きたくないわ言わないでね
 聞きたくない

 ホームには見送る人も誰もいない

 私には貴方のことを恨んだりできない
 今までの思い出すべて忘れると決めた
 素直になればいい何も求めなければいい
 そんなことは分かっているわ分かっている
 分かりたくない

 あの人は私よりも…
 いいえそんなことはもう聞かないわ
 一人で旅に出るわこの街には戻らないつもりよ
 トンネルひとつ抜ければ…
 この街とさよならできる
 サヨナラができる…
[PR]
by kkusube | 2010-08-16 18:55
 新聞にチキンラーメンのキャラクターひよこさんがおめめパッチリの新しいバージョンに変わっていることが載っていた。なんだかありふれた絵柄になってしまってインパクトが弱いなぁと感じる。昔のちょっと歪んだ造形がかわいいと思うのだけど、今の時代感覚では、ハッキリクッキリがよいのだろうか。同様に明星チャルメラのおぢさんキャラクターも絵柄を現代風にした。屋台のラーメン屋さんのおぢさんをイメージした絵柄だけに、これはおにいさんに変えても気づかない程度だろうと思う。
 でも、ひよこさんははっきりいって新キャラクターはいただけないなぁ。個性が弱くなっている。


a0042660_162241.jpga0042660_16222551.jpg
[PR]
by kkusube | 2010-08-11 16:23
 ちょっと太めのファイバーカステルグリッププラスの握り心地と質感が気に入ったので、汎用版の0.7mmも取り寄せてみた。こちらはファイバーカステル色の濃いグリーン。アルファベットを書くだけだと1.4mmでも何ら問題がないのだろうけれど、漢字かな混じりの日本語では細かな部分が潰れることもある。そんな場合も0.7mmならば0.5mmと同じような感覚で書くことができる。しかも少々乱暴に扱っても0.7mmの芯は折れにくい。
 パイロットやプラチナにも似たシャープペンがあるのだけど、比べてみるとグリッププラスは一回り小さい。似ているが専用のパーツで製造しているようだ。このサイズが持ちやすいし書きやすいと思う。本国には緑・赤・青・黒の4色のバージョンがあるようなので、日本でももっと積極的に販売してもいいように思うが、お安シャープペン以外は需要がないのだろう。
[PR]
by kkusube | 2010-08-06 08:53 | 文房具