ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 2011年のクルマの生産台数を見ていると、日本メーカーの第三位であるホンダはあと少しでスズキに迫られている。それ以外のメーカーは立ち位置があやうくなり、他の大手メーカーと提携するなりプレミアムメーカーとして存続するなりの存亡を問われる時期に入っているようだ。
 そんな中で今年の新車を見て座った感想を、フェイスブックには簡単に書いたのだけど、もう少しくだくだと書いてみたい。
 一番期待の高かったトヨタアクア。これは大きく残念でしょうだった。大きさの点が問題ではあるが、欲しい装備を装着したアクアを買うのならばほぼ同じ程度のお金で同等の裝備を装着したプリウスが買えるということもマイナスポイントだろう。
 外観はまぁ慣れる部分はあるにしても、内装はここまでコストダウンというところが目立つ。前席はまだ使い物になるとして、後部座席はコンパクトカーとしては失敗だと思う。これがスポーティカーならば何も問題ない。正直言ってAE86と似たような室内空間なのだ。問題はアクアがファミリーカーとして位置づけられているクルマだというところにある。後部座席はウインドウに近く座ると随分な圧迫感で、より真ん中に座らざるえない。低燃費しか特徴のないクルマと言う意味では、旧インサイトに近いものがある。取りあえずは爆発的に売れるのだろうけど、きちんと作っていないクルマは長くは持たないものだ。初代プリウスの室内空間の作り方をトヨタの設計陣は再度学び直した方がいいのではないかと思った。

 外観がひどいと評判の新しいインプレッサ。内装はダッシュボードにもパッドが入り高級そうに見えるようになった。触ってみれば一目瞭然の安っぽさはどうしようもない。ペラペラのドアとかウインドウスイッチとか、高級とは何か他のメーカーのクルマを買って研究する余裕もないのだろう。確か開発責任者すら先代インプレッサに乗っていてその不満部分を解消したみたいなことを言っていたが、そうではなくて他メーカーのいいところをしっかりと取り入れる必要があるのではないだろうか。このサイズでクルマを作ればもう少しまともな室内空間を実現できるはずだし、FFとAWDの両方を用意している都合上で床の盛り上がりが大きいのも昔ながらの設計だからではないだろうか。
実際に運転しているわけではないので、新型エンジンやトランスミッションのよさは分からないけれど、年改ごとに変わる会社なので熟成を待ちたいところだ。
[PR]
by kkusube | 2012-01-29 09:22 | クルマ
 改めて意識するという事ではないのだろうけれど、自分がこの社会と言うか世界に存在する時間を考えてみた。まだ周りの同級生達はたくさん残っているので、消えてゆく実感などはないのだけど、確実に残り時間が減ってきていることは間違いがない。僥倖に恵まれて五体満足で生きながらえることができたとして、ある程度の社会的活動が可能なのは25年程度。4分の1世紀しか残っていない地点にいま立っている。そのうち後半の10年はそれまでの15年以上に記憶力も体力も格段に落ちた状態でなんとかやっているのだろう。それ以降はもはや老齢の付録部分で余命を繋いでいるだけなのだろう。もちろん世の中には、音楽の吉田秀和さんのような人がいることは承知している。それは奇特な人材なのだ。ほとんどの凡庸な多くの人は、長い青年期と同じような生活がいつまでも送れるわけではなく、この社会から消えて土に還ることになるのだ。
 だからといって悲観的に考えているのではない。その逆で、残りの時間に何ができるのだろうか何をしたいのだろうかをすこしづつ考えながら、いままで以上に自分自身の時間を充実させてゆきたいと改めて意識したというところだろう。
 凡庸な自分に何ができるのか?何をしたいのか?改めて55を迎えた時点で自分が存在する時間を考えている。
[PR]
by kkusube | 2012-01-22 10:58
 持っている本や雑誌の中から、これだけは何度か読みたいという部分をスキャナでコピーしてPDFファイル化。それを電子ブックリーダーに保存して、いつでもどこでも読める蔵書庫とする作業が流行っているようである。確かに本や雑誌は場所ふさぎだし重量もバカにならない。いつ読みたくなるか分からないものを大量にストックしておくことは、合理的ではない。ドキュメントスキャナで、あなたのライフスタイルが進化する、というようなわけである。
 道具も環境もそろってきた。あとは実行するだけという条件もそろっている。
 だけどはたしてどのくらい自炊が必要な選り抜き情報があるのだろうか。片っ端からやっていたのでは、その作業に時間を費やしたいがための自炊になりかねないし、大事なもの(評価が非常によい、またはよい)だけに限定して自炊しそうでないものは再流通させるといのも、そんなに評価が高いものをたくさん持っているわけではないので、それだけに限定してしまうのならがデジタルデータに返還しなくてもいいような気がする。大量の手元には置いておけばいつか読みのだろうけどいまはまだ読んでいないような部類の本とかは、選別の条件にも入ってこない。
 そのあたり少し悩みながら当面のお遊びの対象としようか。
[PR]
by kkusube | 2012-01-15 13:50 |