ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身の程知らずにもわずかばかりの知性をふりかざしてみたくて呟くのである

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 専門ライターの記事にステマ的な要素が排除しづらくなっている現状を見ていると、評論家という人種の提灯持ち的卑屈さが気になってくる。傲岸無知で、卑屈さなど微塵も見せずによいしょしまくることこそ小銭稼ぎとばかり、専門的知識もないくせに専門家きどりの専門ライター(これこそ素人ライターと呼び直すべきだろうけど)もいないわけではない。単に頭が悪くて、本人が何をやっているのか理解できていない専門ライターも見かける。
 専門家であることで知りえる優先的情報を、しかるべきときに一般にも分かりやすく公開することが専門家の責務であると考えているが、どうやら守秘義務が厳しいのか、情報がつつぬけになっている時代になっても公開とは至らないことが多い。心ある(と書くべきか)少数の人達がそういう情報をさりげなくリークしてくれることにたよるしかない。

 さて、9月から発売される新型フィットHVは、大量産型の自動車として、リチウム電池にDCTという新技術搭載してくる。トヨタのHVがニッカド電池を主流としており、パナソニックエナジー社が増産しようとしているにもかかわらず当面は枯れた技術でしのいでいるのにたいし、GSユアサのリチウム電池で勝負をかけようとしているのだ。
 GSユアサのリチウム電池はボーイング787で不名誉な形で有名になってしまったけれど、リチウム電池としては最先端の制御システムを持っているのだろう。それを一桁多いだろう大衆車というジャンルに搭載してくるのだ。
 成功すれば画期的。しかし初期不良がつづけば大変な痛手となる勝負にでていると感じる。DCT自体は、低速発進でのジャダーなどまだ問題点もあるようだが、ヨーロッパ社のトランスミッションとしては大量生産されてある程度は技術面での蓄積もあるシステムだ。自社でのモデファイはあるにしても、概ねサプライヤーの技術にたよるところ大であろう。
 果たせぬ夢たる燃料電池車という遊びではなく、一番ボリュームの大きくなるだろうところに勝負をかけてきた点を期待しているのだ。
[PR]
by kkusube | 2013-08-18 17:38 | クルマ