ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身のほど知らずがわずかばかりの知性をふりかざしたくて呟くのである

高性能なパソコンの使い道

 ベーシックなパソコンについて書いたついでに、最新のマシンの使い道についても書いてみる。

 CPUの能力は、ある意味映像を編集する場合にはメリットが大きい。パソコンをAVメディア編集機として扱うならば、最新の高性能CPUを搭載したパソコンを選ぶ意味がある。

 画像処理を頻繁に扱う場合には、メモリ容量が効いてくる。2GB程度は積んだ方がメリットがある。現行機種には4GBの壁のようなものがあるようだが、4GBとはいわずとも2GBは必須だろう。

 最新の3Dゲームを中心に扱う場合には、最新のGPUを積んだグラフィックカードと高速CPUが必要になってくる。


 どれもかなり趣味に偏っている。マニアの世界である。だから、そういうタイプの人はマニアなマシンを買い替え続けている。一般的なユーザーとは使い方が違うのだ。

 一般的なユーザーが使う場合には、それこを中古パーツでなら本体が1万程度で作れるパソコンでも十分である。これにOSと液晶モニターを加えると5万程度になるだろうか。そのくらいのお金をかけるだけで使えるパソコンが手に入る世の中になったのだ。
[PR]
by kkusube | 2006-01-09 23:37 | パソコン