ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身のほど知らずがわずかばかりの知性をふりかざしたくて呟くのである

ようやくOSをXPに変えました

 3年前にME(買ってから3年も寝かせた熟成OS)でパソコンを新作更新して以来、MEを使い続けてきたのだけれど、リソースの不足でハングアップしたり、メモリ不足で動作が極端に遅くなったり、MEでは動かないプログラムも増えてきたりしたので(実際にはインストールではねられてしまうプログラム)、ようやくXPにバージョンアップした。
 もちろん年末か来年初頭にはWindows2007ともいうべき、VISTAという新しいバージョンが登場することはわかっているけれども、枯れてきているXPの方が断然にメリットがあるように思う。新OSはしばらくは安定しないだろうし、マシンスペックも要求する。しかも画期的なOSとはなっていないらしい。
 MEからXPにすれば、メモリ管理はましになるだろうし、周囲のPCもほとんどがXPになってしまったので、XPの操作にも慣れてしまっている。画面自体はかわりばえしなくても、気分的には随分と変わるかもしれないと感じた。
 そのまま上書きインストールで、ビデオドライバなどいくつかトラぶったけれど、おおむね簡単にバージョンアップできた。
 インテル純正のオンボードチップを認識しなくて、VGAの4ビット画面になったのにはびっくり。VGAの4ビットって16色? さっそくマザーボードが入っていた箱からCDを取り出して、オンボードチップのドライバをインストール。微調整をくりかえして、午前様になるころにはすっかり仕上がり。
 XPHOMEのサポートは、VISTA発売後2年で打ち切りだそうだが、このままで5年くらいはいけそう。
 OSがXPになってついでに、PC2700のメモリを買ってきてメモリ1GBを試してみようかとも思う。

 さて、インストーラがXPでしか動かないソフトをいくつか使ってみることにしようか。
[PR]
by kkusube | 2006-07-12 00:35 | パソコン