ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身のほど知らずがわずかばかりの知性をふりかざしたくて呟くのである

GX100買ってしまいました

 何かの記念にという買い方はあまりしないタイプだったのだが、昨年のひとくぎりにも特に自分自身にご褒美をあげなかったので、今回は奮発した。最近は欲しいと思えるようなデジカメが少なくなっていたが、その中は硬派なデジカメとして登場したこと、横木などのカメラマンが高く評価していること、GRでじたるの二番煎じである点も気に入った。正月にはヨドバシカメラなどで触りまくって触感を試し、これならいけるかなと思って購入を決めた。
 しかし、どうやら使い手を選ぶカメラのようだ。使い手がしっかりと躾けないと自由には使いこなせない。ほんらいカメラはそのようなものだった。使うのが難しいという意味ではない。使い手の意思が入ってようやくそのカメラの性能が出せるというのがカメラの面白さだったのだ。
 そういう意味ではカメラらしいデジカメだ。もちろんムービーの撮影はできるし、シーンごとのオート設定はある。しかし内蔵ストロボは手動でオンしないと発光しないし、そもそもレンズキャップをはずさないと写せない。このあたり昔のコンパクトカメラであるレンジファインダーとかを思い出させていい感じだ。もちろんデジタル1眼レフもレンズキャップを外さないと写せないけれど。
 今日届いたばかりで、まだ使い始めたばかりだが、これからどんな画像を撮れるのか楽しみである。24-72という広角からポートレイト角までのズームだけど、28ミリ固定焦点のGRデジタルのように潔くないあたりが面白いと思う。
[PR]
by kkusube | 2008-01-20 20:09 | パソコン