ブログトップ

ナンバー938の呟き

kkusube.exblog.jp

身のほど知らずがわずかばかりの知性をふりかざしたくて呟くのである

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017年にという限定で、いわゆるBセグメント以下のコンパクトカーを選ぶとして、どのクルマをどういう理由で選ぶのか書いてみようと思う。

最低条件として、オプション設定でもよいからエアバッグのフル装備(サイドのカーテンエアバッグ有り)とチルト・テレスコでのステアリングの設定ができること。ESCや外気温計は最近のコンパクトカーでははぼ標準で設定されるようになったので、選択肢には入らないが、テレスコの設定があるコンパクトカーは数少ない。小さいからこそ快適な運転ポジションの設定ができるメカニズムが必要だと思うのだが、そのコストが勿体無いのだろうし評価されないのだろう。運転ポジションはクルマに合わせるというドライバーが大いに違いない。

その条件で国産車を選ぶと、価格の安い順にスズキスイフトXL、マツダデミオ1.3Stouring、ホンダフィットXL、ホンダフィットハイブリッドLとなる。

通常は大人2人が、時として4名乗車もあり得るという条件では、スイフトとマツダデミオの後部座席は狭く荷室も265~280Lと小さい。フィットは後部座席も広く荷室も320~364Lと大きめ。荷物を多めに積む機会の多い人にはフィットのセンタータンク設計は便利である。

加えてオプションでも設定できる安全装備を比べてみよう。

<スイフトXL> 乗り出し価格で170万程度
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行者発進お知らせ機能
ハイビームアシスト機能
全方位モニター
ACC
セーフティサポカーS・ワイド対応

<デミオSTouring> 乗り出し価格で200万程度
前後スマート・シティ・ブレーキ
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
ハイビームアシスト機能
全方位モニター
ACC
ブラインド・スポット・モニタリング機能
リア・クロス・トラフィック・アラート機能
セーフティサポカーS・ワイド対応

<フィットXL> 乗り出し価格で210万程度
衝突軽減ブレーキ
車線逸脱抑制機能
先行車発進お知らせ機能
ACC
セーフティサポカーS(ベーシック+)対応

となる。
今後フルモデルチェンジされる車種には標準装備となってくるかもしれない機能だが、アクティブでもパッシブでも安全性が高いに越したことはない。万が一がないと元は取れない機能かもしれないが、新しい機能をうまくつかうテクニックもこれからのドライバーには必要となってくるのだ。

[PR]
by kkusube | 2018-03-13 20:30 | クルマ
クルマメーカーも多いために国産コンパクトカーの選択肢も多い。国内販売だけでなく世界中で販売する車種もあるので、国内基準だけの軽自動車に比べれば開発にお金がかかっている車種もある。その中での代表はホンダフィットだろう。海外ではジャズという名前で販売されていたりするが、ホンダといえばフィットというイメージがあるくらいの代表車種である。
ところが現行の三代目フィットの運転席側ドアには、なぜか鍵穴があいている。初代、二代目ともに鍵穴はドアハンドル内に収まっていたのに、古いシビックに戻ったかのようにドアに鍵穴がついているのだ。
どうしてこういうデザインになってしまったのだろうというのが、三代目フィットに関する最大の疑問だ。
発売当時主任デザイナーが自画自賛していた、ミッドシップスーパーカーかのようなリアのエクゾースト風デザインは今回のマイナーチェンジで廃止されてしまった。機能していないデザインが評価されることは少ない。
しかし鍵穴付きのドアパネルは残されたままだ。
もっとも昔のように鍵穴に鍵を挿してドアを開けるというような使い方をすることは少ない。鍵に付いているボタンを押すかスマートキーになっているかなので、鍵穴を使うのは非常事態の時だけだろう。実用にはなんの問題もないのだろうが、そんな目に見える部分で僅かなコストを削ろうとした、伊東のコスト削減プレッシャーはそうとうなものだったのだろう。
そんなところでもコストを削った伊東が関わった時代のホンダ車に近づいてはいけないという意見も読んだことがあるが、確かにユーザーを舐めていたのではないか、あるいはそういう体質になってしまったのではないかと疑わざる得ないポイントだろうとは思う。
画竜点睛を欠くとはまさにこんなことなんだろう。

[PR]
by kkusube | 2018-03-03 09:05 | クルマ